fc2ブログ

キチガイたちの挽歌 6



 陽子が全身を震わせて静かに落ちた。
 ハヤトの顎からも、汗が滴り落ちている。
 いい女だった。二十万の値打ちは、確かにある。
 ペニスを抜いて、陽子の横に崩れるように倒れた。
「ねえ……」陽子が腕をからめつけてきた。「何やったの?」
 好奇心漲る目を向けられ、ごまかすように苦笑いする。
「自分で言うのもなんだけどね、私って高い女なの。そんな女を一晩好きにしていいってご褒美なんでしょ?」そう言って、顔を覗き込んでくる。
「九州の田舎やくざにお灸をすえたんだよ」
 陽子がハヤトのさらっとした髪を撫であげた。
「そうなんだ。薬で今揉めてるんでしょ、九州と」
「まあな」
「仕事は何してんの?」
「いろいろ。最近は金村さんの下でシャブ捌いてる」
 新宿では住吉会がシャブを独占的にシャブを捌いていたが、関東連合がそこに割り込んでいった。それだけでも、住吉会と一発触発は避けられない事態なのだが、関東連合とのもめごとを避けようとして、今のところは住吉会も静観している。
 しかし、国内のシャブの市場を牛耳る最大手、九州の道仁会は黙っていなかった。新宿で捌く薬は道仁会からビジネスパートナーの関東ヤクザに一手に卸すことになっている。卸売は道仁会、小売は住吉会と住み分けていて、それはもう十年以上も続いているしきたりなのだが、関東連合は道仁会以外から仕入れて売り捌いていた。
「うちが卸してやるからそれを売れ」
 二か月前、道仁会がそう警告してきたが、関東連合はそれを無視。道仁会はさらに「ウチが卸す商品を売るか全員ぶち殺されるか、どっちか好きなほうを選べ」と迫ってきた。それは道仁会からの最後通牒だった。関東連合はそれを無視して覚せい剤を捌き続けたため、連中は関東連合のメンバーを殺した。マコト。ハヤトの弟分だった。
 陽子が背中の蛇のタトゥーを指でなぞっている。
「私、強い男好きよ」
「あそこが臭い女は嫌いだ」
「最低」
 陽子がぷいっと背中を向けて布団に潜りこんだ。
「拗ねるなよ」ハヤトが陽子を抱き寄せる。
「じゃあ、もう一回して。今夜、好きなだけ抱いていいのよ、私のこと」
「お前は嫌じゃないのか?」
「嫌じゃない」そういって、唇を重ねてくる。
「タクヤさんとはどういう関係なの?」
「俺の兄貴分だよ。タクヤ総長の後輩、金村さんのタメ。普段はタクヤさんと組んでいるんだが、金村さんに声をかけられたんだよ」
「タクヤさんって羽振りいいんだって? 芸能事務所の社長でしょ? いまどきのアイドルを何人も抱えて、大成功してるって聞いたわ」
「ああ」
「昔、ホストだったのよ。私、知ってる。ギャランドゥのナンバーワンだったの」
「ああ、そうだ」
 木村タクヤは頭の切れる男だ。族ではタクヤを支える参謀として重要な地位に居座り、警察の裏をかいて伝説の東京縦断大爆走を成功させた立役者でもある。族を引退してからはホストとなり、その甘いマスクを存分に利用して力のある女どもを手中に収めた。今はホストクラブ経営の傍ら、芸能事務所を取りしきっている、関東連合でも一、二を争う切れ者だ。
「タクヤさんがどうかしたのか?」
「私に、芸能界デビューしないかっていってきたの」
「AVか?」
 陽子がハヤトの頬を抓った。
「テレビに出ないかって。お笑い芸人のお御所を気取っている奴が司会やっている、大勢の女が出てやいやい騒ぐだけの番組なんだけど、そこに出してやるって。プロデューサーの目に止まったら、芸能界デビューも夢じゃないんだって。私、売れるかな?」
「そうだな。ムーンライトのナンバーワンなんだから、そこそこいけるんじゃねえのか?」
 顔や容姿だけじゃなく、一流のホステスは一流の接客術と処世術も持っている。その辺の素人の女では歯が立たないだろう。
 陽子が布団にもぐりこんできた。ペニスを手で包んだかと思うと、ぬめっとした感覚が伝わってきた。陽子が口に含んだペニスを丁寧に舌で刺激する。鬼頭、裏筋を巧みに舐められ、ハヤトのペニスはあっという間に力を取り戻した。
「どう?」布団から顔を出した陽子が、自慢げに微笑む。
「うまいな」
「何回してもいいのよ」
「でも、約束があるんだ」
「何時に?」
「五時から。幹部会の前に、金村さんが話あるらしい」
「何よ、まだ朝の十時よ。あと七時間もあるじゃない」
 陽子がしがみついてきた。押し付けられた彼女の豊かな乳房が、ハヤトの胸でつぶれる。
 五時までにあと何発できるかな。そんな気分になってきた。
 陽子がハヤトの股間に跨り、手を自分の入り口に添えると、ゆっくりと腰を落とした。
「あああ……」
 微かな呻き声を漏らし、彼女がゆっくりと動き始めた。

キチガイたちの挽歌 5



 薄汚れた雑居ビルの四階。きしんだ音を立てて上下するエレベーター。リノリウムの廊下が雑な掃除でまだところどころ濡れている。
 薄汚れたドアの上に「クレオパトラ・ソーシャルネットワーク」と新しいプラスチックのプレートが掲げられている。表向きはコンパニオン派遣会社。実態はアイドルから風俗嬢までを取り扱う、いわば女衒のような会社だ。
 ハヤトが事務所のドアを開けると、正面のデスクに座っているシュウジが立ちあがり、「おはようございます」と頭を下げた。
「社長はきてるか?」
「社長室にいます」
 社長室と言っても、事務所の奥にある小部屋だった。ドアをノックすると、向こう側から「入れ」と言ってきた。
「失礼します」
 部屋に入ると、三年先輩のタクヤが、デスクに座ってパソコンを操作している。
「昨日はご苦労だったな。奴らは久藤組の事務所の前に捨ててきたんだな」
「はい」
 あの夜、深夜に軽トラックで倉庫から四つの死体を運び出し、奴らの事務所の前に転がしておいた。しかし、新聞やニュースでそのことは報道されていない。久藤組が警察に知らせるわけもない。やられたらやり返す。けじめは自分たちの手でつけるという、ハヤトたちの挑戦状に対する、やつらの返事だった。
「これから忙しくなりますね」
「まずはゲリラ戦だな。こっちの得意技だ」
 久藤組はこちらの正体を掴んではいない。看板も事務所もない。一方、ヤクザは看板をあげ事務所を構えているので、所在がはっきりしているので、攻撃を受けやすい。
「今日は歌舞伎町の知り合いの店に行ってきます。この前飛び込みで入った店が、うちの女の子を使ってくれると言ってきたんで」
「それなら、昨日電話があったよ。サヤカにいってもらうことにした」
「そうっすか」
「お前、今から陽子の部屋にいってくれ。例の社長のことを陽子に念押ししておくんだ」
「陽子はなんて言ってるんですか?」
「あまり乗り気じゃないといっていたが、いつものわがままだろ。あいつにとっても出世のチャンスなんだ。それに、昨日の褒美を陽子から受け取ってくれ」
「いいっすよ、褒美なんて」
「いいから。早く行け」
 まるで追い出されるように、タクヤの部屋を後にした。
「営業っすか」シュウジが聞いてきた。
「いや、陽子のところに行ってくる。例の社長のことで、陽子を説得しろってことだろ」
 陽子は、クラブ「ムーンライト」のナンバーワンで、IT関連会社の社長、平田にほれ込まれている。平田はクラブ「ムーンライト」一番の得意客。それに、広い人脈も持っている。陽子との仲を取り持ち、人脈も利用させてもらうというのが、タクヤの考えだった。
ハヤトは、ビルの前でタクシーを捕まえ、陽子のマンションに向かった。

 昨年できたばかりの一三階建て新築マンションの八階に、陽子の部屋があった。
 採用されたがまだ稼げないタレントたちは、五人くらいが古いアパートで寝起きさせられ、他店の応援にも駆り出されるが、陽子ほど稼げるホステスになると、自分で部屋を借りて住んでいる。
 ドアの呼び鈴を鳴らすと、インターフォンから「誰?」と聞いてきた。
「俺だ。カメラで見えているだろ」
 ドアの鍵が開いて、ガウンを着た陽子が姿を現した。
「よう、元気かい?」
「まあね。早かったわね」
 陽子がハヤトをリビングに招きれてグラスを置いた。まだ朝だが、グラスにバーボンを注ぐ。
「で、私を説得に来たんでしょ?」
「いきなり突っかかるなよ」
「私、嫌よ」
「まあ、堅いことを言うなって。平田社長はお前に首っ丈なんだ。ずいぶん金を使わせたそうじゃないか。このあたりで社長さんと仲良くするのもいいんじゃないかい。それを言いに立ち寄ったんだよ。それに、あの社長、まだ四〇だろ」
「四〇で愛人を持とうなんて生意気なのよ」
「平田社長をあまり好きじゃないって口ぶりだな。お前らしくないぞ」
「ふん」
 陽子は自分のグラスにバーボンを半分ほど注ぐと、一気に飲み干した。
「社長に抱かれたって減るもんじゃないだろ。社長さんにずいぶん貢がせたし、この先もいい金になる」
「私、断っているのに、勝手に贈ってくるのよ」そういって、床に放りだされたシャネルやらフェンディのバッグを見た。
「そろそろ、身体でお返ししてやんなよ」
「考えとくわ」
「いい返事を期待してるよ。そのつもりになったら連絡してくれ」
 ハヤトはそう言ってソファから立ち上がろうとした。
「待って」
 陽子は立ち上がると羽織っていたガウンを脱いだ。ブラジャーとパンティーだけの姿になった。
 ハヤトはわけがわからず、下着姿の陽子を見ていた。
「今から私を抱いて」
「はあ?」
「タクヤさんから聞いてないの? 昨日のご褒美だって」
 そういうことか。
 ブラから毀れそうな乳房の膨らみを、陽子は自慢げに突き出した。パンティの下の陰毛が透けて見えている。裸になるより色っぽい女の不思議な姿態を目の前にして、ハヤトは満足げにため息をついた。高級クラブ「ムーンライト」のナンバーワンだけある。この女を抱けるのは、相当な金持ちだけだと聞いている。
 フロントホックを外すと、解き放たれたように陽子の乳房が弾んだ。
「どう? 男はみんなこの胸を褒めてくれるのよ。すごく大きくてきれいなんだなぁって」
「俺もそう思うぜ」
 陽子は悪戯っぽく微笑むと、ハヤトの股間に手を伸ばし、パンツの上から握り締めた。指の強弱をつけて揉まれる。手馴れた手つき。まるで扱かれているみたいだ。
「今日一日、私を好きなだけ抱いていいのよ。何してもいいわ。NGなし。タクヤさんから言われてるの」
「じゃあ、遠慮なく」
 陽子をソファに座らせて両脚からパンティを抜き取った。手のひらで、乳房を包むように揉み、乳首をつまんで擦った。
 陽子は敏感に反応した。どうやら演技ではなく本気らしい。
 ハヤトは彼女のグラマラスな身体を抱え、静かにベッドに寝かせた。足を大きく開かせ股間を覗き込んだ。そこはもう溢れんばかりに濡れていた。

キチガイたちの挽歌 4



 素っ裸にされた女が、他の連中に手足を掴まれ床に押さえつけられた。ユウジがズボンに手をかけた。
「いやあ!」
 女の叫び声に背を向け、ハヤトは男の傍にしゃがみ込んだ。血まみれの顔が赤黒く膨張し、顔が倍に膨らんでいる。床にはそこらじゅうに血が飛び散っていた。手の指が折られて不自然に曲がっている。
「怖いか?」
 ハヤトの言葉に、男がうつろな目を向ける。
「久藤一家に怖いもんはないんじゃなかったのか? 九州から来た田舎もんのくせに、出しゃばるからこうなるんだよ」
「た、助けてください!」
「俺のダチは命乞いなんかしなかったんだろ? ほんまもんのヤクザがそれじゃ、久藤一家の代紋が泣くぜ」
 だらんとしている男の腕を、ハヤトが力いっぱい踏み込んだ。指の骨が折れた。男が切り裂くような叫び声をあげた。
「俺のダチ殺しておいて自分は助けてほしいなんざ、虫が良すぎるんだよ。極道になったからにはこうなった時の覚悟はできているんだろ?」
「い、いやだ、死にたくない」
「情けねえぞ、九州男児」
 ハヤトが男の胸ぐらを掴んで引き寄せると、固めた拳を顔面にたたき込んだ、スカルリングに顔を切り裂かれ、男が悲鳴を上げた。手を離すと、頭をぐらりと揺らしながら男が床に仰向けに倒れた。ハヤトはナイフを抜いて刃を起こし、床でだらりと伸びている男の右腕にグサリと突き刺した。
 男の甲高い悲鳴が、倉庫中に響く。ハヤトは引き抜いたナイフを何度も男の手や足に突き刺し、そのたびに男の悲鳴が倉庫中の空気を震わせた。
「死んじまうな、これ」
 血塗れになった男を見下ろしながら、コウイチがつま先で蹴り上げた。男は悲鳴も上げず身動きもしなかった。
「あそこに転がってる三人もまとめて、久藤組の事務所の前に捨てにいこうぜ」
「あいつら、びびらせてやろうぜ。九州の田舎やくざがここらの不良を舐めるんじゃねえぞってな」
 コウイチが男の死体に唾を吐いた。
 叫び乱れている若者たちを見た。周りの男たちに手足を押さえられた素っ裸の女が、ユウジにペニスを突っ込まれていた。
「やめてっ! ダメ……! ああッ! ヤダぁ!」
 熊のようなユウジの身体の下で、女が泣き叫んでいる。
「早く終われよ」横で見ていた男がズボンの上から股間を押さえている。
「ちょっと待て、もう少しだ! おおおっ!」
「あ、馬鹿! 中で出すな!」
 仲間たちが一斉に声を上げたが遅かった。ユウジが腰を震わせながら、女の中に射精した。
「バッキャロ! 汚たねえザーメンでオマンコ汚しやがって」
「病気なんて持ってねえ。拭けばいいじゃねえか」
 ユウジが女の膣からペニスを抜いた。身体と同様、巨大なペニスがまだ萎えずに鎌首を天井に向けている。
「おら、かわれ!」
 次の男がパンツと一緒にズボンを下ろす。ペニスはすでに臨戦態勢になっている。ユウジを押しのけ、女の脚の間に腰を割り込ませると、手に持ったペニスを女の入口にあてがい、中に押し込んだ。
「ああああっ! い、いやぁ!」
「おおお、あったけえ! ヤリマンのくせに締りがいいぜ」
「おら! もっと腰振って気持ちよくしてやれよ!」
「こいつ、早漏だからすぐに出ちまうぜ」
「馬鹿いえ、この女いかせまくるから、黙って見てろ」
 飛び交う野次に負けじと、男が腰を振る。周りの男たちがゲラゲラと笑っている。見ると、いつの間にかマリファナを手に持っていた。みんな、ご機嫌だった。
 男が腰の動きを速めた。やがて女の中で爆発した。野次と抗議の声が沸き起こる。代わる代わる男が女に覆いかぶさり、ペニスを突っ込み、デカい胸を鷲掴みにして腰を振った。
「いやぁ! もう、やめてっ!」
 女は泣きながら喘いでいる。
「俺はバックから突っ込んでやる」
 次の男が女を四つん這いにした。 
「もっとケツ上げろよ!」
 女の腰を掴んで尻を高く上げると、後ろから女を貫いた。重力に引き寄せられた女のデカい乳房が、男の腰の動きに合わせてブラブラと揺れる。
「あとで警察や久藤一家にチクられないように、女が犯られている写真を撮って脅しておけ。明日からコウイチの店で客を取らせる。いい身体しているから、そこそこ金になるだろう」
「じゃあ、明日は俺が直々に接客マナーを叩き込んでやる」コウイチが嗤った。
「あと、頼んだぞ。外で見張ってる連中も呼んでやれ。気が済んだらコウイチの店に運んでおいてくれ」
 ジュンに言い残すと、ハヤトはコウイチと二人で倉庫から出て行った。
プロフィール

アーケロン

Author:アーケロン
アーケロンの部屋へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR