fc2ブログ

愚かな毒鼠どもの眠れない夜 10



10.裏切り

 車で走ること十五分。ようやく目隠しを外された。市内から外れた、目の前に無言でそびえる明かりひとつ点いていない廃墟ビル。周囲は物音ひとつしない。
 いかにもアングラ風のシチュエーションに、思わず苦笑いする。この期に及んでまだ、心のどこかでは大事には至らないと思っている。手錠すら一度も外してもらえていないのに。
 廃墟ビルに押し込まれる。外見はかなりボロくて汚いビルだが、中は奇麗に整理されていた。昼間には、いくらか人の出入りもあるのだろう。
 非常口を示す明かりに、小さな羽虫やカメムシが誘われてきて、忙しく舞ったり、筐体のプラスチックにとまって、のそのそ這い動いたりしている。夏が過ぎて秋に差し掛かった頃。気温が下がりだし、夜は冷えるようになっていたが、虫はまだ多い。
 健次が床に唾を吐いた。目が怒りに燃え滾っている。
「小便、させてくれ」
 祐輔の言葉に、前を歩く新井が振り向いた。
「我慢の限界なんだ。このままだと漏らしちまうぜ。
「そのままズボンの中にお漏らししろよ」と入って、新井が嗤う。手錠が外された隙に逃げようと思っていたが、見え見えだったようだ。
 ずっと後手に拘束されているせいで、肩から先の感覚が既になく、腕が冷たく重い。
 健次は黙ったまま、前を向いている。怒りを腹の中に溜め込んで入るようだ。こうなると、健次は恐ろしい。連中の隙を見て大暴れする気なのだ。
 ヤクザになんか負けてたまるか。心の中で自分に言い聞かせ、萎れていく一方の闘志を奮い立たせる。
 棟方は二人への関心をすっかり失ったかのように、金属バットを持っている副島と上機嫌で話している。
 棟方が椅子に座ってタバコを銜えた。副島は口笛を吹きながら、体ごと捻るようにしてバットを振っている。
 戸が開き、新井が入ってきた。祐輔や健次と同じように背中の後ろで手錠を掛けられた、若い男を連れている。遊び慣れた雰囲気の、茶髪で褐色に日焼けした男だった。暴行されていたらしく、一方的に殴られ続けたボクサーのように顔は腫れ上がり、顔面血だらけになっている。ストリート系のTシャツやパンツが血で汚れ、ボロクズのようだ。髪のあちこちが、血に濡れてから乾いたせいで、汚らしく束になって固まっていた。
 男は新井に背中を突き飛ばされ、祐輔と健次の前にひざまずく格好になった。
 ほとんどふさがった目で棟方たちを見上げ、命乞いの表情を浮かべる。
 かすれた声で何か言うと、衰えきった老婆の繰り言のように聞こえる。歯がほとんど折られているようだ。
 棟方は若い男を靴のつま先で小突いた。
「こいつ、俺たちのシマで、何やったと思う?」
 楽しそうに祐輔と健次に言う。副島がビュンビュンと風を切る音を立てながら、フルスイングの素振りを繰り返している。
「こいつ、ヤクの売人でな。スマホのアプリ使って手広くやってたのよ。まあ、仲間内で使うくらいなら俺らも見逃してやらんでもないが、ちょっと無視できない量でさ。ずいぶん儲けてたんだよ。な?」と、若い男に訊く。
「あげくの果てにアルジェリア人だかそういう連中雇って、俺らのやってる店で暴れさせるし、組のもんが経営してる店乗っ取ろうとするわで、そこまでやられちゃ、俺らも黙ってるわけにはいかないわけよ。そうだろ?」
 男が何か言っている。はっきりと聞こえないが、助けてくださいと命乞いをしているようだ。
 棟方がおどけて口まねをすると、副島と新井は大笑いした。すると棟方は、いきなり真顔になって、若い男を怒鳴りつける。
「ヤクザなめてんじゃねえぞコラ! あぁ?」
 若い男は黙り込んでしまった。
 棟方は祐輔と健次の方に向き直った。
「組と共同事業契約を結んだ中国の連中もカンカンだし、俺らとしても何とかしなきゃと思って、薬の出所を調べてみたわけ。そしたらさあ……」
 祐輔の目を反応を伺うように見つめる。
「どこだったと思う? お前は当然、分かってるよな?」
 答えなかった。健次も黙っている。
 ヤクの売人、アルジェリア人。祐輔には見当がついていた。おそらく、健次も。
「デビルスカルって店。おまえら、知ってるだろ。カフェバーっていうの? マスターの斉藤茂樹っての、大した奴じゃねえかよ。アメリカ帰りだったけな。仕入れも販路も自分で開拓してここまで手広げるなんて、なかなか出来ることじゃねえよ」
 デビルスカルは半分趣味で、半分は隠れ蓑のようなもの。
 茂樹はカフェバー一店を経営していくだけで満足するような男ではない。本当は何を目指しているか、祐輔も薄々は感づいていた。
 美由紀は、いったいどこまで知っているのだろうか。
 棟方は続ける。
「斉藤茂樹ってやつが元締めなわけだから、俺らとしちゃ、そいつをどうにかしなきゃいけないわけだろ? どうすりゃいいだろって考えながら、さらに色々調べてる途中でさ、お前ら二人の存在を知って目を付けたのよ。特にお前、中上祐輔だっけ? お前は斉藤と特に仲が良くて、近寄って変なことしても怪しまれないらしいし……そこまで知ってんだぜ? 驚いただろ、ヤクザの情報収集能力」
 若い男の命乞いがまた始まる。棟方はそれを無視した。
「で、今回の件だろ? これは利用しない手はねえじゃん。いいか? 俺らはむしろ、お前らを助けてやろうとしてんだぞ? 大金を目の前にしてしくったうえに、警察にも追われることになったお前らは、もう会社には戻れねえ。だから、俺らヤクザが助けてやるってんだ。頼まれたことさえやってくれたら、食い扶持あてがってやるし、見つからずに住める家や新しい名前をくれてやってもいい。何なら整形でもして顔を変えるか? 全部タダでやってやるって言ってんだぜ、頼まれたことをやってさえくれたらな。こんなにいい話はねえだろ、な?」
「てめえ、俺たちに何やらせてえんだ? 奪われた三千万の落とし前つけんじゃねえのかよ。茂樹さんの件は無関係だろ?」
 棟方が、また笑った。
「お前、ヤクザの情報網、舐めすぎ」
 腹の中が熱くなってきた。まさか……。
「気づいたか、糞野郎」棟方が勝ち誇ったように笑う。
「お前、ヤツに喋っただろ?」
「そ、そんなはずは……」
 喋ったのは、爺さんの隠している三千万を狙っていることだけだ。いつ襲撃するか、どこで金を受け取るか、肝心なことは何も話していない。
「まあ、お前がころっとハメられたのも仕方ねえ。斉藤茂樹っての、結構やり手なんだろ?」「ハッタリだ!」健次が叫んだ。「だまされるなよ、祐輔! 茂樹さんが俺たちを裏切るわけ、ねえだろ!」
 自分への憤り。
 健次がどれだけ茂樹を尊敬してるか、祐輔には分かっている。そして茂樹は、祐輔の目標でもあった。
 目の前の棟方に怒りをぶつけてやりたいが、できない。
 健次のように絶叫したくなる衝動を、ぐっと奥歯を噛みしめてこらえる。
 祐輔は気づいていた。棟方は嘘を言っていない。

愚かな毒鼠どもの眠れない夜 9


9.闖入者

 ドアが叩かれる音で目を覚ました。
 朝の九時を回ったところだった。
「健次、誰か来たぞ」
 アルコールでずきずき痛む頭をひねって、ベッドの上の健次を見た。
「お前が出ろよ」といって、ベッドを降りようとしない。結局、二人とも夜中に目を覚まし、今朝の明け方近くまで飲んでいた。
 頭が痛い。
 無視して布団の潜り込んだ。誰かが拳でノックする音が続く。
「すんませーん、宅急便ですけどー」
 男の声が響く。健次は相変わらずベッドの上で丸まったままだ。
 祐輔は舌打ちして起きあがって、よたつきながらドアへと歩いていった。
 鍵のつまみを回した途端、勢いよくドアが開いた。
「おい」
 凄もうとする祐輔の肩を、いきなり入ってきた見知らぬ男たちの一人が、思い切り突き飛ばす。
 よろめく間もなく無様に尻もちをつく。スニーカーの靴底が、胸板めがけて飛んできた。倒れたところをうつ伏せに引っくり返され、背中をのしかかってきた膝で押さえつけられる。ねじり上げた後ろ手に手錠を掛けられた。
「誰だ、てめえら!」
 健次の怒声が部屋に響く。ベッドの上で拘束され、怒りの滾った目を見開いて相手を睨みつけている。
 最後に入ってきた男が、ドアを閉じて内側から鍵を掛けた。スニーカーにスウェットパーカー姿。動きやすそうな格好をしている。フードを頭から被れば、監視カメラから顔を隠すこともできる。
 他人の部屋に踏み込む荒業に慣れている連中だ。
「まあ落ち着けよ、な?」
 兄貴分らしき男が若い二人を諌める。
「おまえら、どういうつもりだ? 俺たちが誰だか知ってるのか?」
 顔をカーペットに押し付けられながらも、健次が強がる。祐輔も床に押さえつけられ、何も出来ない。這いつくばった状態で男たちを睨みつける。
「分かった分かった」
 兄貴分らしき男が苦笑する。
「俺は棟方ってんだ。そっちは副島、お前を押さえつけてるのが新井。お前たちこそ、俺たちのこと、知らねえのか?」
「知らねえよ。下っ端の名前までいちいち覚えてられっか」
 背中にのしかかっている新井に髪を掴まれ、顔を引っ張り上げられた。
 鼻面から床に叩きつけられる。
 重い痛みに後頭部まで刺し貫かれ、目がくらんだ。鉄臭い味が口の中に広がる。
「てめえら、調子に乗んなよ、こらぁ!」
 健次が叫ぶ。副島という男が、健次の顔をベッドに押し付けた。呼吸ができなくなった健次が暴れている。
「お前も大人しくしてろよ、な?」
 健次は半分くらい顔を布団に埋めたまま、歯を食いしばって棟方を睨みつけている。
 祐輔と健次は後ろ手に手錠を掛けられたまま、床に座らされた。
 新井と副島の無表情なまなざし。
 棟方はベッドの端に腰掛け、スマートフォンで誰かと話している。
「今は佐藤って野郎のヤサだ……そう、二人ともここに……まあな、こっちでも色々と訊いとくから……後はよろしく……じゃ……」
 通話を終えると、前置きもなく祐輔に訊く。
「しくっただろ?」
「は?」
「は、じゃなくて。強奪班に奪わせた三千万、横取りされただろ?」
「なんでそれを……」
 床に座らされたまま、棟方を睨む。こいつ等が関わっていたのか?
「ヤクザの情報網ナメんじゃねえぞ。俺たちは何だって調べちまうんだからな。まあ、お前が間抜けすぎるのが一番悪いんだよ」
「んだとコラ」
 祐輔が凄んだ途端、副島が平手打ちを食らわす。
 鼻血が垂れてくる。それでも祐輔は相手を睨み続ける。
 相手はやくざだ。しかし、ナメられて何もしないわけにはいかない。それに、こっちのバックには会社がついているのだ。
 棟方は笑ってもいなければ怒ってもいないし、無表情を装っているわけでもない。ただ、黙って祐輔の目を見ている。
 壁を這う虫を観察するような、無感情な目。
 直感が、こいつはヤバイ奴だと告げている。
 恐怖の塊がみぞおちの辺りを圧迫して、軽い吐き気を覚える。
 なんとしても、ここから逃げなければならない。武器がないか周囲を見回す。レジ袋に入った、健次から三万で買った靴。あれの踵に小さなナイフが仕込んである。しかし、どうやって手にしたらいいか。
「あの爺さんが三千万溜め込んでいるのを調べるのに、組織……おまえら、会社っていってんだっけ? どれだけ金と手間をかけてるか知ってるか? それに強奪班までマッポに捕まっちまって。あいつらがべらべら喋るのも時間の問題だぜ」
「あいつらは何も知らねんだよ」
「警察は素人じゃねえんだ。スマホの履歴しらべて、どこの国のどこから誰が発信したかなんて、すぐにつきとめちまう。タタキはよぉ、しくっちまったら後が大変なんだよ。何せ、警察は躍起なって追い回してくる。間に入って金を回収している実行役も会社も追われることになっちまうわけだ。おまえらの会社だって、簡単に許しちゃくれねえだろ。警察に捕まる方がまだマシかもな。会社に捕まったら半殺しじゃすまねえよ。下手すりゃ、いや、下手しなくても重りつけられて海底散歩をするはめになる。だからここでダチと二人で隠れてたってわけだ」
「……だから? それで、どうしたいんだよ?」
「どうしたいか?」
「あんた、会社の回し者? もし違うんならさ、俺らが何しようが、あんたには関係ないじゃん。ヤクザがいったい何の用なんだよ」
 棟方が不意に笑い出す。
「そうか。てめえらもあの爺さんを狙っていたのか。あそこで見張っているところを俺たちの強奪班に金を盗られちまったって訳だ。それで、あいつらの後をつけたが、目の前でどこの誰だか知らねえヤツに金を横取りされちまった」
 棟方がまた大笑いした。そして、いきなり祐輔の胸に前蹴りを叩き込んだ。
 身構える間もなく後ろに吹っ飛ばされる。カーペットが張られているとはいえ、もろに後頭部を叩きつけられた。金属バットで殴られたような衝撃だ。
 気を失いかける。息が詰まり、心臓の音ばかりが耳の奥でけたたましく鳴っている。
「そこまでわかってんなら、話が早ええぜ。要するに、俺たちの世界じゃ、落とし前ってのをつけなきゃなんねえんだ」
「俺たちには関係ねえ。勝手に会社と揉めてくれ」
「やってほしいことがあってな。うまくいったらお前らを助けてやってもいいぜ」
 棟方が、肩に手を回してきた。

愚かな毒鼠どもの眠れない夜 8


8.罠と失態

 道路脇に車を停める。
 道を歩く女子高生の尻をオヤジが盗み見していた。道ではしゃぐ髪を派手な色に染めたガキどもの嬌声が耳障りだ。
 祐輔はハンドルを握って、正面を見据えていた。
 中古のカローラ。組織の息がかかった人間から借りた。中古車の輸出商をやっている男で、万一足がついた場合でも、警察が捜しあてる頃には、使った車はナンバープレートを付け替えたうえでコンテナ船に積み込まれ、ロシアだかどこかに輸出されているだろう。
 襲撃役が現れるはずの銀行とは、車線を挟んだ斜向かいの位置だ。
 自転車に乗った所轄署の交通係が近づいてくる。心配することはない。ばれているはずはないのだ。
 ダッシュボードの上に置いたスマホが警報のように震え出す。祐輔は取り上げて通話ボタンを押す。
「うまくいったか?」
「金は奪いました。けど……」襲撃役の声が震えている。「爺さん、抵抗しやがったんで殴ったんです。そしたら動かなくなっちまって……。打ち所が悪かったみたいで」
「気にすんな、どうってことねえ」
「すんません」
「何びびってんだよ?」
「そういうわけじゃないんすけど……」
「俺らは爺のこと知ってるけど、向こうは知らねえ。誰が押し入ったかも、わかりっこねえ」
「防犯カメラとか……」
「顔、隠してたんだろ? それに、予定の場所で車乗り換えて着替えたきたんだろ?」
「そりゃ……」
「じゃあ、ぜってえ大丈夫だ」
「すんません……」
「早く金持ってこい」
「もうすぐ、そっちにつきます」
 祐輔はスマホを切ると、ハンドルから手を離した。
 襲撃役はおそらく警察に捕まるだろ。が、奴等がどうなろうが、知ったことではない。こっちは金を受け取って無事上層部に届けることだけを考えればいい。
 余計なことは考えるな……。
 車内が静まり返る。時々、他の車が近くを走り過ぎる音が聞こえるだけ。音楽も流れていないし、ラジオもつけていない。
 フロントミラーを見た。
 制服警官が映っている。少し離れて後ろに停めてある車の側に二人。運転席の窓をノックした。窓を開けたドライバーと何か話している。
 これはヤバイ。
 ハンドルを握った両腕の間に顔を伏せようとして、やめた。顔を見らてはまずいが、そんな行動を取ればかえって目立ってしまう。
 くそう……。
 あいつら、いつまで待たせる気だ。
 フロントガラスの向こうに目をやる。ジャンパーを着た若い男が四人、立っている。堅気じゃないのはひと目で分かる。目つきが鋭いだけでなく、まず全体の状況を瞬時に把握しようとする、視線の運びが独特なのだ。
 刑事か? いや、違う。むしろ、やくざか半ぐれの類だ。
 正面の道路に車が現れた。路肩に止まった車を凝視する。男が三人降りてきた。
 やっときやがった。
 車を発進させようと思ったそのとき、さっきの四人組が襲撃役に近づいていく。
 ヤバイ!
 連中は金を奪う気だ!
 車を急発進させる。と同時に、四人組が襲撃役に襲いかかった。
 あっというまだった。四人組は三人の襲撃役をぶちのめし、車を奪った。後ろの車を調べていた二人の制服警官たちが、急発進して去っていく車に気付いて追いすがろうとしている。
 車の流れに警官たちが阻まれる。四人組が逃げていく。三人の襲撃役が、路上に倒れていた。
 急発進すると、警官に疑われる。ナンバープレートを読みとられると、手配されてしまう。怪しまれないようにそっと車を発進させ、ゆっくりとその場を離れた。


「てめえ! しくったで済むと思ってんのか! 三千万だぞ! どう落とし前つけんだよ!」
 沖島の忌々しい怒鳴り声が耳の中で響く。
「リカバーしますよ」
「どこの誰がやったのか、検討ついてんのか!」
「それは……」
「てめえ……。まさか横取りして独り占めしようって気じゃねえだろうな! そんなことしやがったらぶっ殺すぞ!」
「横取りなんてしてねえっすよ。これまでの俺の真面目な勤務ぶりみてりゃ、わかるでしょ、それくらい」
「ふざけてんじゃねえ! てめえ、殺すぞ!」
 くそ……。こいつになじられると本当に頭に来る。
「今、どこにいる?」
「ダチの家に隠れてるっす」
「今から迎えに行くからそこにいろ! 場所はどこだ!」
「俺がそっちに行くから待っててください」
「待て、こら!」
 沖島が何か言い出す前にスマホを切った。
「ざっけんな、ヘタレやろうが!」
 スマホを床に叩きつけそうになって、とっさに腕を止めた。代わりに壁を蹴りつける。
「近所迷惑だろう」
 健次が苦笑いしている。
「何でこんなことになったんだ? お前、天才じゃなかったのか?」
「っせえな」
 床に座ってタバコを銜える
「どこの誰なんだ、お前をハメやがったのは?」
「知るか、そんなこと! 横取りした奴を見つけ出して、ぜってえぶっ殺してやる!」
「本当に覚えねえのか? あの場所で金受け取ること、沖島に喋っちまってたんじゃねえのか?」
「いや……」
 今日金を受け取ることは、上層部は知っている。しかし、どこで金を受け取るかは秘密にしている。そんなことを知らせたら、逆に上層部の奴等に横取りされて、横領の罪をこちらに着せられてしまう。
 健次がベッドから体を起こしてタバコを口に銜えた。
「茂樹さんに相談したらどうだ? 取りあえず、どうしたらいいかくらいは教えてくれるぜ」
「どうしたらいいかくらい、聞かなくても分かるだろうが」
「茂樹さんに相談できない理由でもあるのか?」
 これは意地だ。ここで茂樹を頼ってしまうのは屈辱でしかない。
「意地、張ってんじゃねえよ」
「っせえな」
 まったく……。相変わらず鋭いヤツだ。付き合いの長いダチってのは厄介だぜ。
「リカバーするに決まってんじゃねえか」と、呟くように言ってはみたものの、どうすれば今の窮地を脱して失態を帳消しにできるのか、名案があるわけでもない。本当は健次の言う通り、茂樹に相談するべきなのは祐輔も分かっている。
「お前、勝手に茂樹さんに電話したりすんなよ」
 健次に釘をさすと、置いていたバーボンのボトルを手に取って、ラッパ飲みする。
「俺はそこまでお人よしじゃねえよ。でも、お前がどうしても素直になれねえってんなら、お前の名前出さずにこっそり茂樹さんに相談してやってもいいぜ」
「っせえ」
 どうすりゃいいかくらい、必ずすぐに思いつく。それまでは、沖島の追っ手に見つからないようにしばらく息を潜めていよう。
 反撃のチャンスが来るまで、それほど時間はかからないはずだ。これまでもそうだった。
 視界の端に気配を感じて目を向けると、天井と接する壁の高い所にゴキブリがへばりついている。ゴキブリは微動だにしない。
 祐輔はしばらくゴキブリを眺めていた。酒を飲んでいた健次はいつの間にか眠っていて、軽くイビキをかいている。
 祐輔は床に仰向けに寝そべって手足を伸ばし、大の字になる。
 スマートフォンを取り出して、画面を眺める。
「今度あった時にお金返すから」
 絵美からのメッセージが届いていた。
 いらねえよ、そんな端金。
 舌打ちをしてメッセージを返信すると、電源を切って天井に視線を戻す。
 ゴキブリはいつの間にか姿を消していた。
「どうすりゃいいんだよ……」
 やがて疲労感が体からにじみ出てきた。抗わずにまぶたを閉じた。

プロフィール

アーケロン

Author:アーケロン
アーケロンの部屋へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR